日本青少年育成協会のアクティブラーニング

【アクティブラーニング実践フォーラム 2019 終了のご報告 】

おかげさまで、2 日間で延べ440 余名の方々にご参加いただくことができました。
たくさんの皆さまと共に、対話を通じた「主体的な学び」を実現するための学びあいができましたことを、大変嬉しく思っております。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

プログラム

アンケート結果

[総合満足度]
5 段階TOP2Box(満足・ほぼ満足)
90.3%
[ポスターセッション満足度]
5 段階TOP2Box(満足・ほぼ満足)
93.9%
[分科会満足度]
5 段階TOP2Box(満足・ほぼ満足)
98.1%

1日目アンケート自由記述抜粋

  • もっとポスターセッションを聞きたかったです
  • 色々な意見が聞けて良かったです。
  • 授業の実践や、導入の方法など明日から使えるものもたくさんありました。ありがとうございます!!
  • 今の自分を見つめ直す良い場でした。
  • 最後のリフレクションで色んな方の意見を聞けたのでよかったです、ありがとうございました。
  • 毎回、新しい試みで楽しみにしています。
  • 個になる人間教育を本気で実践していきたいです。
  • 身近に感じる意見なども聞けてよかったです。
  • とにかく学びが多かった。生徒はもちろん、アルバイトスタッフにもしっかり共有して、力強い組織づくりにきていきたい。
  • 色々な方とコミュニケーションが取れ、視野が広がり、とても良かった。
  • ALを通しての成功例や成果を聞くことが出来たので、自分自身もなにかALを取り入れたイベントを発案していきたい。
  • 毎年参加させていただいていますが、今年が1番「やってみよう」という気持ちが強かったです。
  • 普段お聞きすることの出来ないお話を伺えたのが良かったです。今後に生かしていこうと思います。
  • 自分自身もアクティブラーニングで本日の講演を学ぶことができました。ポスターセッションは思っていたよりも時間が短かったので、もう少しじっくり聞かせて頂ければ良かったです。
  • アクティブラーニングのことはもちろん、その他の授業でも活かしていけることばかりでした。
  • 質問の大切さが存分にわかりました!実践できるようにしていきたいです!
  • 人とのご縁であったり、大変貴重な話を学生という立場でありながら聞かせていただけて本当に感謝しています。ありがとうございました。
  • 学ぶというのは本当に楽しいんだと改めて感じました。学びについて学ぶいい時間でした。
  • 研修も授業もアクティブラーニングが大切ですね。
  • これからの授業や生徒指導の中でたくさん取り入れるべき要素がありました。明日からの授業の中で少しずつ活かしていきます。
  • 全体として非常に良かったが、ポスターセッションのやり方はもう少し全体の話を聞ける工夫があればなお良かったと思います。
  • ALの重要さを感じられた。
  • 学びが多かった。インプットだけでなく、アウトプット(リフレクション)が充実しているのが良い。ポスター発表の時間のさらなる活性度の向上があるとより面白くなると思う。
  • 学んだことがとても具体的で今後実行しやすい内容でした。
  • 初めの小山氏の講演では、相手にとって必要な質問が何かを考えるきっかけになりました。
  • 今回もたくさんの学びがありました。そしてやはり、それを近くの人と話すことでさらに学びが深まり、対話の大切さを実感しました。
  • どうもありがとうございました!初心に戻り、また頑張ろうと思う1日になりました。
  • どのプログラムも学んだことをすぐ実践できるような内容で、とても満足のいくプログラムばかりでした。
  • 小山さんの質問を細分化した講演は大変わかりやすかったです。ポスターセッションは新しい試みとして良かったと思います。
  • ポスターセッション、熱い語りと傾聴の姿に感動した。
  • 自分自身のリフレッシュになり、前に進むためのヒントを得ることができました。
  • リフレーミングする素晴らしい機会でした。次の機会も参加したいとおもいました。
  • 小山先生のお話がすごくためになったし自分の知らない知識を得ることができた。ポスターセッションが声が聞きづらかったのが残念だったが他の方がいろんな取り組みをされているのを知れてよかった。
  • 小山さんのREFメソッドが大変興味深かったです。全国に自らの発展のために学んでおられる方がたくさんいらっしゃることにエネルギーをいただけました。ありがとうございました!
  • 新たにRefという考え方を知れて勉強になりました。いろいろな事例発表が聞けたのもとても勉強になりました。
  • ポスターセッションがはじめてで戸惑うことも多かったのですがいい経験をさせてもらいありがとうございました。
  • 社会人として働いてる人たちとも話せてよかったと思う。最初の3つのリRefの話がとてもわかりやすく、すぐに実践しやすい具体性があった。すぐさま実行に起こしていきたいと本気で思えた。
  • 意識改革を個々が自身で理解するところまでたどり着くことが、全てにつながるのではないかと思いました。
  • 最後のリフレクションであらためて質問の質の向上をテーマにこれからの授業に取り組もうと思いました。教員も日々学びですね。刺激的な1日でした。
  • 学びの多い1日でした。インプット、アウトプット、振り返り、バランスを整えてこれからもチャレンジしていきます。準備など、お疲れ様でした。
  • 様々な教育実践にふれとても勉強になりました。ポスターセッションあと少しじっくりと話をききたかったです。
  • ひとつの言葉で企業等色々考えられているのだと感じました。変化していかなければならいとおもいます。
  • さっそく授業で意識して取り入れようと思ったことばかりでした。
  • 久しぶりにコーチングの考え方に触れることができて、Refreshされました。教育現場以外でもALが取り入れられていることが分かり、教室でも積極的に取り入れていきたいと思った。
  • Refの人間観を知れたことで今までの自分の接し方を考えさせてもらいました。改めて質問など本日学ばせてもらったことから活かして行こうと思います
  • 講演だけでなく、他者からの学びが貴重でした。感謝です。
  • 初めてアクティブラーニングに参加して、様々な所属の方々の話を聞けて、色んな方面の考え方があり学べることが沢山ありました。
  • 小山先生の話を聞いて、問いの再考をしたいと思った。何となく問うのではなく、意図をもって、生徒から何を引き出すのか、どういう行動を促したいのかということを明確にしていきたい。
  • これからの指導に役立てたいと思うメソッドや、考え方を学ぶことが出来ました。これからの生徒との関わり合いに生かし、生徒の学びに還元していきたいと思います。
  • 全体の構成が良かった特にポスターセッションが 質問しやすい環境で 中に入り込みやすかった!
  • 新しいことを学べる場に参加できて本当に良かったと思います。会社へ戻って少しでも活かしていきたいです。ポスターセッションは他にもたくさん聞きたかったです。
  • 実際に自分もALを体験して楽しく、積極的に学べたのがすごく実感しました。内容も素晴らしく、ALによって他の人と意見交換出来たのもすごく良かったです。
  • ポスターセッション、できれば全ての方のお話が聞きたかったです。ポスターの画像を、資料として添付していただけたら嬉しかったです。
  • 初めての方と隣り合わせになりましたが、いろいろお話ができて楽しかったです。となりの人と挨拶をするということがなければ、そのきっかけもなかったので、感謝しています。
  • 一方的に講演を聞くだけのセミナーと違って 主体的に参加出来るので 楽しいです。
  • Refについて学べたことが、とても大きい。このような機会があることが、私自身の学びに繋がっていると感じています。引き続き明日も学べることを楽しみにしています。
  • 今回のフォーラムでは、自分でも薄々気付いてたことを改めて聞いて、確信したことや、全く新しい考え方にハッとさせられることが多々ありました。今後の自分の活動にも活かせられるものがたくさんあったので、是非実践してみたいと思います。
  • 質問についてもっと学びたいと思います。明日が楽しみ過ぎます。勉強したことを活かせる体制づくりにも取り組みたいと思います。
  • スタッフ、参加者の皆さんの活発な意見交換や教育にかける熱い想いに感動しました。
  • 小山先生のお話はためになった。過去にとらわれず今から前に進んでいくことがわかった。
  • 皆さんの子どもたち、教育に対する熱い思いを頂きました!
  • 多くの学びを感じることが出来ました。ポスターセッションは発表者が多くて良かったと思います。出来ればもっと広い場所で聞きたかったです。
  • 初めて参加しましたが楽しく学べ、あっと言う間に時間が過ぎました。Refメソッド初めて聞きました、質問力をあげようと感じました。
  • リフレッシュ、リフレーミングの機会をいただけ、本当にありがたいです。明日からの自分に活かしていきます。来年もぜひ開催していただきたいです。
  • 学ぶべき項目について知ることができました。特にいかに深い質問をすることが大切かです。
  • いい授業をして、生徒のよりよい学びになるようにという考えの根本には、私自身が主体的になったり、これからの私に必要なものを考えたりする必要性があるのだも感じました。自分が変わることが必要だと思います。変わるためにできることから始めていきます。
  • ポスターセッションの方の熱心さに感動しました。もっとゆっくり見せて頂きたかった。主体性はどのようにはぐくまれるのか、これからもっと学びたいとおもいました。
  • まず、小山先生のお話、非常に勉強になりました。質問の例、身に覚えのあるものばかりでした…。質問力の向上、すぐに取り組んで行きます。全体として、教育に関わる様々な立場の方のお話、大変刺激を受けました。いただいたエネルギーを、子どもたちに伝えて行きます!!ありがとうございました。
  • 普段お会いしない方とも意見交換ができました。子どもとの関係だけでなく、上司と部下の関係にも当てはまると感じました。
  • 沢山の意見を聞くことが出来て、また自分が授業で実施してみたい内容もあったのでそれやってみようと思いました。とても有意義な時間でした。ありがとうございます
  • ポスターセッションは企画として素晴らしかったと思います。リアルな事例がたくさん、それも全く違う取組が知れてとても勉強になりました。会場の都合でスペースに余裕がなかったのが残念でした。反響してプレゼンターの声が聞けなかったです。
  • ポスターセッションを含め、自ら行動すべき方向性を見つけることができました。今後このような会があれば参加させていただき、良い学びの場とさせていただきたいと思います。ありがとうございました。
  • 子供たちが個であり続けるために、Refメソッドを活用し、子供たちが学ぶ力を発揮するために、自らも学んでいきます。
  • 隣の人達と話し合うことで、理解が深まったり刺激を受けることが出来ました!ポスターセッションは全員の話を聞きたいと思っていたので、時間が足らず少し残念でした。でも逆に、少人数にむけて近くで話してくださるので質問もしやすく、より充実したものになりました。
  • 今回の講義で学ばせてもらったのは、“個”✖️“知識-手法“✖️”実践するビジョン”=生徒同士が主体となって互いに承認し合い、時に濃い質問をし、更に生徒が良くなる成長する機会を作れるんじゃないかという、ワクワク、ドキドキです!本当にありがとうございました!
  • すごく勉強になりました。いつも振り返ると一方的なティーチングや意見の押し付けをしていたように思います。今回の参加を通して、相手を承認し、一緒に頑張ることの大切さを思い知りました。今日の参加を第一歩に頑張っていきたいと奮起いたしました。
  • 非常に興味深い内容でした。私は、昨年まで教育学部にて学校教育を学んでおりました。そこでは、毎日ALという言葉が行き交っておりましたが、実際に何をすれば良いかが不透明で卒業という運びになりました。ただ、今日の会にて、ALというものが一体どのようなものを指し、どのように実践するのか分かりました。
  • ポスターセッションで聞けなかった実践事例もあるので気になりました。会場ではなるべく知らない方と横になるようにし、普段関われない業界の方とお話しできよかったです。
  • 学ぶことばかりの会でした。とても良い会をありがとうございました。相手の幸せをここから願い少しでも相手に成長してほしい。そのために必要なコーチングのあり方やRefの三要素などが大切なんだと本当に感じました。今までの自分を見つめ直して変えていきたいと思います。
  • 世代広くお話を聞けました。勉強になりました。
  • リフレクションを行うことにより、知識が整理され、生きた力になると思います。まず、Refの定義から入り、その内容に関してポスターセッションがあり、生徒の学びかたを学ぶイメージが掴めました。有意義な時間でした。
  • 小山さんの講演、質問が吐き出すもの、目から鱗でした。自分の質問の偏りに気づけました。ポスターセッション、気づきがいろいろありました。実践してることやん、と感じたことも。自分の振り返りもでき、参加してよかったです。
  • どれも興味深い内容だったのは勿論ですが、発表者の方々の生き生きとしたお話ぶりから、活力をいただきました。自ら学び続ける姿って素敵ですね。
  • 基調講演が大変勉強になりました。質問のあり方を探求していきたいと思います。ポスターセッションは、個々人の価値や理想、考えを大切にしていく試みが、いろいろ取り組まれていることがわかり、その苦労も含めて、いろいろ勉強になりました。
  • 小山さんのお話もポスターセッションの方々のお話もどちらも大変ためになりました。授業の中で生徒に対する質問が、本当は質問ではないことなど気づかされることが多かった。生徒のために、と考えていることも本当は自分にとって都合の良いことだったのではないかと感じた。社歴が長くなるにつれて自分がやりやすいやり方ばかりに気を取られがちになるが、目の前にいる生徒・保護者のことを傾聴し、承認することで関係をもっと良好にできると思う。今日の学習をそのままにせずに話をすることを踏まえて深い学びに変えていきたいと思う。
  • あらためて、質問の力やラーニングピラミッドなどふんわりしていた知識を整理して学べました。また、ポスターセッションでは、学習者や労働者のモチベーションは自分の中にあり、それを引き出すことを怠けてはいけないと思います。濃密な学習ができました。ありがとうございます。
  • 新しい気づきを得ることができ、満足しています。なぜアクティブラーニングなのか、その理由、教育効果が明らかになれば、その取組の手立てが明確になり、子どもたちのための取組の実現につながります。やる気が出て、自校で実践することにつなげたいと考えました。
  • アクティブラーニングについては聞きかじった程度ではわかっているつもりでした。しかし、そのために必要な要素であったり、増澤先生のお話にもありましたが、アクティブラーニングで何を成すか、新たに考えることが多い1日でした。何より”問題を見つけられた”人のお話を聞くことや自分で体験することで気づきを得られました。

2日目アンケート自由記述抜粋

  • 毎日の仕事の中で足元に視線が落ちていたことがよくわかりました。何のためのALか、誰のための教育か、今一度肝に銘じて、仕切り直します。ありがとうございました!
  • 来年も絶対に参加させてもらいたいです。本日はありがとうございます。
  • アクティブラーニングの研修をアクティブラーニングで行えることにとても満足しています。
  • 学べる事が多くて、実践していこうと思いました。
  • 実践経験豊かな方々と交流を持つことができ、とても有意義なセミナーでした。
  • 先生方の講義そのものがAL型で、内容からも手順からも勉強させて頂くことができました。
  • teachingスキルの分野として、話し方の多様性を入れてほしい。
  • 2日間で学びを貰っただけでなく、その学びがどう使えるのか・ほんとに理解できているのか考えれた!
  • 学びにあふれた2日間でした。ありがとうございます。あとはここで学んだことをいかに実践に繋げていくかが大切。変容がなければ学んだ意味が無い。やらなきゃ!!
  • 中身が濃い1日でした。学ぶことが多く、自分の在り方を振り返る良い機会にもなりました。
  • これまで自分が実践してきたことのよい整理になった。たくさんの仲間と出会えた2日間だった。
  • いろいろな仕掛けをありがとうございました。自分の取り組み姿勢を反省することが出来ました。貴重な時間をありがとうございました。
  • 他を知り自を知ること、ことば、コミュニケーションの大切さなど大変勉強になりました。
  • やっぱり、あり方についてはずっと考え続けていきたいと強く思いました。また、周りの人にも、どうありたいのか。てどんどん聞いていけばよいと気づきました。そして、最終的にはより良いものを求めて、組織で取り組んでいきたいと改めて感じました!
  • 内容盛りだくさん、一つ一つもじっくりできたし、全てがつながっている。しかし、途中から少し整理しきれていない…。
  • 楽な学びの提供ではなく、楽しい学びを提供するために、自身も楽しむことが大事だと感じました。
  • またまたたくさんのヒントを浴びられて楽しかったです!改めて自分についても見直すことがまずいちばん大事だなと実感したのと、学ぶこと自体やっぱり楽しいことでそもそも主体的に起こるものなのでその邪魔になっているものを取り払えたらなと痛感しました。またさらにちゃんと整理してアクションにします!
  • 実際のALを行ってみたことにより生徒の悩みが少しわかった気がしました。
  • アクティブラーニングを学びにいきましたが、こちらがアクティブラーニングをすることができたと思っています。そしてこれを生徒に還元することが使命だと思いますのでがんばりたいとおもいます。
  • 初めて参加させていただきました。子供に対してだけではなく、対大人に対しても共通する事柄が多く大変ためになりました。
  • リフレクションを知れたことが良かったです。反省には後ろ向きなイメージ、振り返りには過去にフォーカスするイメージがありましたので、未来に向かう非常によい言葉だと思いました。
  • 毎日の仕事の中で足元に視線が落ちていたことがよくわかりました。何のためのALか、誰のための教育か、今一度肝に銘じて、仕切り直します。
  • 今の思い、今の気持ちをできるだけ新鮮なまま持ち帰って、明日への活力にできるか、頑張ります!
  • 学術的なアプローチを知るとことができて、楽しかったです。もっと勉強したいと思いました。頭が活性化し、自塾にどうに活かしていくかの具体的な案もいくつか浮かんだので、実行に移していきます。本当にありがとうございました。
  • とても考え尽くされたものが多く出てきて、自分がどれだけ考えれていないのかが分かりました。正直まだまだ理解できてない部分が多いですが、人一倍取ったメモを使って噛み砕いで自分に落とし込んで1人でも多くの人に広めていきます。
  • 他業種の方と話せたことで、とても刺激をうけました。よい教育のためにできることは、教員という仕事に限らないと気づかされました。
  • 普段、定期試験や受験のための授業になってしまいがちだったので、改めて人づくり、という見方で自分の仕事を振り返りができました。自分の取り組み、声かけの仕方、些細なことだと思ってしまっていましたが、言葉を大切にしよう、教材研究を大切にしよう、相手や自分の教科への関心を大切にしよう、そんなふうに思えた一日でした。アクティブラーニングで笑顔になる生徒を増やしていきたいです。
  • 学びの多い二日間でした。質問の質を高めるために、まずできることとして、自問してみることを増やそうと思いました。その繰り返しの中で、生徒への発問のセンスも磨かれるだろうと。そしてそこでのやりとりを楽しんでいくことで、生徒同士でも質問が飛び交うようになると思います。二日間ありがとうございました。
  • 今まで自分なりに独学でアクティブラーニングを行ってきて、様々な悩みや課題がありました。今回フォーラムに参加して、同じように悩み様々な挑戦をされている仲間の存在を知り、とても勇気をもらいました。日々実践できる今の教員という立場に感謝し、生徒の成長をどこまでも信じる覚悟を持ってこれからも精進していきたいと思いました。参加できて本当に良かったです。
  • 学びが多かったのはさることながら、『今日からやろう』と思えることがありました。知識だけではない、人間力を私も子どもとともに育んでいきます。
  • ALの手法についての講演プレゼンは多くあり良かったと思いますが、成果について深めていただきたかったです。現場はそろそろ成果の検証を求めています。
  • アクティブ・ラーニングの手法を学びに来ましたが、多くのグループワークを通して人の繋がりの心地よさと学び合いの大切さを改めて実感いたしました。多くの研修会ありがとうございました。明日からの実践に生かしたいと思います。
  • 貴重な講演をたくさん聞かせていただき、とても良い学びと刺激になりました。自分自身が学び、成長する機会をいただいたことに感謝しています。チャンスがあれば、また参加させていただきます。
  • たくさんの学び気付きを得られました。参加者の方々とのALによって、その効果を実感し、自分の理解思考も深められました。
  • ALの実践方法がわかりました。もっと、現場(学校)にコーチングの考え方が広まっていくといいと思います。まだまだですね。それから、学校のどんな場面でもコーチングが繋がっていくとは思いますが、まだまだ使えていないのが正直な感想です。勉強していきます。そして、組織として繋がることを願います。
  • 自分がどのように授業を展開し、何を目標とするのか、まず考える必要があると感じた。様々な考え方も知ることができ良かった。
  • 初めて参加しましたが、有意義で勇気をもらえる時間でした。形にとらわられたALではなく、めざしていることを理解して取り組みたいです。
  • 高校の教員として、生徒は3年間で就職する子もいるため、社会人にするためのトランジションの必要性を改めて認識致しました。他者と自己についても他者を理解しないと自分自身の理解に繋がらないため、アクティブラーニングの授業を通して生徒の活動ができるように考えていきたい。
  • 深い思考のために対話をする。その価値あると気付かされました。
  • 今回は、リフレクション、質問等の大切さと、生徒、学生に対する安全な環境をつくり、学びを伝えたいと思いました。
  • 図らずも、教員としての原点を見つめることになりこれからの生き方、実践につながる深い、2日間になりました。スタッフの皆様本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。
  • ALは教員自身がまず体験することが大切。
  • 初対面の人と話す機会が、何度もあり普段から使えるのではないかと思いました。
  • あっと言う間の2日間でした。密度の高い内容はもちろんのこと、教育に携わる方々との交流も、心があったかくなって、明日からの大きな活力となりました。学んだことを、実践あるのみだと思います。すぐにできることから実践して、着実に進化していきます。運に携われた皆様、ご登壇いただいた先生方、参加された全ての方に感謝です。
  • 教育現場だけでなく職場の人間関係においてもアクティブラーニングの考え方は有効であると感じました。様々に研究実践されている事例をご紹介いただきありがとうございます。
  • アクティブラーニングや教師のあり方について迷っていたり、不安に思っていることがありましたが、この講演会を聞きながら多くのことを取り入れ様々な発想、考え方が出来るようになりました。さらに学んでいきたいです。
  • 2日間参加させていただきました。現場でまだ授業改善が進んでいない中で、質問から引き出すことなど大きなヒントを頂きました。ありがとうございました。
  • ポスターセッションが発表者のエネルギー、熱い想いが伝わりとても印象的でした。アクティブラーニングでの学びをどう実践に活かすか、これからが本当に大切な実践です!
  • アクティブラーニングというものを、本の知識でしか知らず、やった方がいいものだとは何となくわかるが結局どういうものかが理解できていませんでした。その中で、溝上先生や千々布先生のお話を聞き、アクティブラーニングというものが何を目指し、どういう考え方なのかを理解できたように思います。学生の身分なので、現場に行くまでに細かい目標や目的、どういう手法があるのかを学びたいと思います。
  • あっという間の1日となりました。溝上先生のご講演では乳幼児期の親子関係の大切さなどとても興味深かったです。千々布先生にもたくさんの情報をいただきました。
  • 話を聞くだけではなく、手や頭を働かせつつ、他者との交流があったりで、学びを深めるチャンスがたくさんありました。ある意味で、アクティブラーニングに向き合う生徒の気持ちを体験でき、よい学びの時間を共有出来ました。これからの日々の教育活動に少しでもいかしていきたいです。参加してよかったです。
  • 初日に参加しなかったことは残念でした。内容が濃かったです。新しいことの発見と確認もできました。
  • ALの意義がや効果をあらためてまなべました。今の子供たちが大人になる頃には、実社会でいかされる社会になっているような期待を感じました。
  • ALは、発語の難しい生徒相手では難しいと感じていたが、生徒の自主的・能動的な学びを促進するための授業なら普段からやってた、ということに気づけたことが、1番の収穫。1日目の小山さんの話で、質問で引き出されるもの、を、聞いて。自分の質問を振り返るいい機会になりました。溝上先生の話、アタッチメントや発達の話、よかったです。千々布先生の図解で混乱してたのが整理されました。二日間参加できてよかった。
  • 初めて参加させていただき、多くを知るとともになぜそれが必要なのか、その理由とともに学べました。しっかり学校で活用させていただきます。
  • まだ成り立てですが、学ぶことがとても多く、今後の自分に生かせる内容がとても多かったです。
  • 子どもに主体的に学びを引き出すにはALが効果的であり、指導者のコーチング力が重要であることが再確認できました。2日間ありがとうございました。
  • 1日だけの参加になりましたが、大変学びの多い機会となりました。ありがとうございました。リフレクションの大切さについて実感することができました。
  • 大変に刺激的でまさに自分がRefさせていただきました。参加されている方同士のふれ合いも楽しく有意義でした。とくに現役学生さんとの語らいは希望を与えてもらいました。溝上先生のご講演をはじめ、学びを深めることができた一日でした。ありがとうございました。
  • どれもすばらしかったです。充実の一日でした。すてきな学びでした。ありがとうございます。体験型だったのが特によいです。千々布先生はもう少しお話をききたかったです。

分科会自由記述抜粋

  • 全く存じていない初対面の方々が多い中でうまく対話できるか不安もありましたが、分科会での餃子じゃんけんをしたり、正解のない問を複数でシェアできたので集団の垣根が下がったように感じました。
  • 私は分科4を選び、とてもいい話が聞けました。リーダー育成とはリーダーという役割を担う人へのアプローチだけでなく、チーム全体の雰囲気や環境も大事なのだと気付きました。またグループワークがメインで積極的に話すことができていい経験となりました。本日はこのような講演会を開いていただきありがとうございました。
  • 分科会は本当に充実した時間になりました。早速校舎に持ち帰って活かしていきたいと思います。ありがとうございました!
  • 分科会で今後に役立つお話やアドバイスをいただけたことは本当に良かったと思います。
  • 私は学校現場にいますが、分科会にて民間の方とも意見を交流できたことがとても有意義でした。勤務校でも活かせるようになんとか頑張っていきたいと思います。
  • 分科会の参加できなかったところの内容を知る手段が欲しかった。レジュメなどがあればありがたかった。
  • 分科会に参加させてもらい、特に生徒との面談について聞かせてもらいました。今までの自分の考えや実際の面談では考えられないような投げかけの仕方、こっちのスタンスを教えてもらいとても役に立ったと思います。今後、特に質問の投げかけについて深めていこうと思っています。ありがとうございました。
  • 第二分科会に参加しました。自分を見つめ直すことができました。「課題のおもしろさ」「子どもたちの関係性」の大切さを改めて実感しました。
  • 基本的な対話改めて学ばさせて頂きありがとうございます。質問の質、傾聴に対してのその場の雰囲気など、会社に帰り実践致します。
  • 分科会にてALを体験させていただき、時間のない中、ひとりではたどりつけない答えを導き出せました。勉強になりました。ありがとうございます。
  • 分科会を二つくらい回りたかった。大変勉強になりました。ありがとうございました!
  • 分科会が特に良かった。他業種の方とも対面できて参考になることがたくさんあった。
  • 分科会には、もう少し実践的な「探究」に関わるような内容を期待していたので、自分の教員としての在り方の話になるのは正直意外でした。でも受けて良かったです。ありがとうございました。
  • 分科会に参加し、実際にコーチとクライアントの関係でペアワークを行い、知ったことでもすぐに自分のものにはできないことを強く感じた。昨日・今日と参加して学んだことを周りの人に伝え、そこから新たに学びに繋げられればと思う。たくさんの方とお話ができて楽しかったです。
  • 分科会は本当に充実した時間になりました。早速校舎に持ち帰って活かしていきたいと思います。ありがとうございました!
  • 分科会に参加する機会をもう一回作っていただきたいと思います。
  • 石田先生の分科会では、改めてリーダー作りについてしっかり考える時間となり、たくさんのヒントをいただきました。
9/22
日曜日
様々な教育実績を学ぶ

【基調講演】
コーチングおよびアクティブラーニングを教育界へ普及してきた第一人者が、最新の理論について語る。
「協働する個を育む3 つの“Ref”」 ~授業者の「問い」の質を問い直す~

小山 英樹
株式会社対話教育研究所 代表
(一社)日本教育メソッド研究機構 代表理事
(一社)日本青少年育成協会 主席研究員

小山 英樹

先進実践者によるポスターセッション

9/23
月曜日・祝
より以上の教育実践のために

【特別講演①】
高等教育・AL 研究の第一人者による5 年連続講演。授業改革・学校改革成功のための理念とプロセス
『自己と他者の観点から見た学習 』
~あの子はおとなしいけど成績はいいんですよね!をどう見るか~

溝上 慎一 氏
学校法人桐蔭学園 理事長
トランジションセンター 所長
桐蔭横浜大学 特任教授

溝上 慎一 氏

【特別講演②】
コーチングが授業をどう変え、子どもたちにどう影響を及ぼすかー授業研究の第一人者が語る
『対話的な学びをつくるコーチング 』

千々布 敏弥 氏

国立教育政策研究所 総括研究官

千々布 敏弥 氏

フロントランナーの実践から学ぶ分科会